カメラの種類と魅力

カメラ自体の歴史は古く、いまではその分類の仕方もたくさんあるほど種類も増えていますが、一般的なカメラですと、一眼レフ、二眼レフなどのファインダーによる分類、フィルムを使わないデジタルカメラとフィルムを使うフィルムカメラ、使用するフィルムの大きさによる分類などがあります

デジカメ価格も2万円前後から数万円くらいのものが一般的で、もちろんそれ以上のものもありますが、比較的安価で手軽なものはやはりデジカメでしょう。それまで専門的で、なおかつ重く、いろいろな付属品が必要となるカメラを敬遠していた人でも、気軽に撮影できるデジカメはとても人気があります。最近は、さらに高機能のものが多く、現像する写真も自分で現像したいものだけを選べるなど、大変便利になってきているのも魅力です。重い機材を持ち歩かなくても、それなりに状況に応じた映像が撮れるのは大変興味をそそられます。

もちろん、昔ながらのカメラも進化を遂げているものもあり、やはり操作性や自分だけの特殊な技術を試行錯誤しながら撮影することには大変魅力を感じます。また、長きにわたって、家族の思い出とともに過ごしてきたカメラへの想いもまた格別な味わいのものでしょう。写真を見ただけで、あっという間にその時代へ想いを馳せることができるのは何ものにも代えがたい良さを感じさせてくれます。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket